文系からの社会人からの再受験女子医学生の日記🏥

文系学部卒→マスコミ勤務→医学生

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ にほんブログ村 受験ブログ 大学再受験(本人・親)へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽評論へ

ミスターチルドレンがドSになった日(「重力と呼吸」早速レビュー)

ミスターチルドレン、New Album「重力と呼吸」、発売日!

まずはリリースおめでとうございます!!

医学部に入学してから初のアルバムだー!待ちに待ったやったーー!!

詳細は以下に。

 


New Album「重力と呼吸」
2018.10.3 Release
TFCC-86659 ¥2,913+税
初回生産分 プレイパスコード封入 (有効期限 2019.4.30)

<収録曲>
01. Your Song
02. 海にて、心は裸になりたがる
03. SINGLES
04. here comes my love
05. 箱庭
06. addiction
07. day by day(愛犬クルの物語)
08. 秋がくれた切符
09. himawari
10. 皮膚呼吸

出典:Mr.Children公式

 

なんだろう、こんなアルバムが今出たことがすごく嬉しくて。めでたくて。
平成最後とか、あんまり言いたくないんですけど、
平成の初めにデビューして、走り続けて、平成最後にこのアルバム。
なぜこうもめでたい気分なのかしら?と。

ずばりね。

こんなにもミスターチルドレン四人の顔が浮かんでくるアルバム、初めてだからじゃない!?


桜井さんが一番光ってるとかもちろんなくて、四人がどーんってまとまって!私の前に来るの!どうしよう照れちゃう!(落ち着け)
いや聴けば聴くほどさ、怖いくらい迫ってくる。真面目な話。
今までは曲を通して自分(リスナー)自身が浮かび上がってきていたのに。


なんだかこれまでと違うわけです。
「君はこれが好きだよね」っていつも私に合わせてくれてた彼氏が急に、
「俺が好きなのはこれ、どう?」って突き付けてくるの。

どうしてこうもドSになってしまったの、ミスターチルドレン!
紐解いていこうかと存じます。

 

特徴①メンバーが音に引っ張られている


これ、このアルバムの根幹だと思います。
「重力」と「呼吸」、私はこれを人間が地球上で生きていく上での、最低限の荷物と捉えました。これだけは引き受けないと、生きていられない。

けれどこの二つだけ、他は一切取り払って、四人は音に身を任せた。
余計なものをそぎ落として、音の向かう方向に身を委ねてみよう、
そんな挑戦をミスターチルドレンの四人はこのアルバムでしたのではないか。四人だけで。

四人だけの無意識の感覚(=皮膚呼吸)を信じて。

こんなことしたら、みんなびっくりしちゃうかな?

みんなの見たいモノ全部作っちゃおう!

そんなアイデアが浮かんだとしても、それは前作「REFLECTION」で、25周年ツアーでたっぷりやったこと。
もうファンを甘やかさない。今は自分、自分たちの心が向く方に行こう、って。

こういう作り方、ミスターチルドレンはいつからしなくなったのだろう。小林武史さんがプロデュースを初めてからずっとだ、とも言えるかもしれない。

そのくらい長い間、ミスターチルドレンは彼女想いの、サービス精神旺盛な彼氏だったのです。

 

特徴②メロディも歌詞も、凝ったところが少ない


前作「REFLECTION」が凝りまくっていて、曲数も多くて、宝箱のような作品だったから尚更。
だから人によっては技巧的な部分が少なすぎて、
削ぎ落としすぎ・手ぬいた?・コバタケプロデュースが懐かしい
なんて思いを抱くかもしれない。

ところでこの「重力と呼吸」、以下のような前例をみない桜井氏のコメントとともに告知されたことをご存知でしょうか・・

 

やっと新しいアルバムについて口を開けるので
思いっきり大口を叩きます。

最高のアルバムが出来ました!!

「Mr.Childreを聴いて音楽をはじめました」
こんな風に話してくれる若手のミュージシャンに出逢うことがあります。
それはとっても嬉しいことなんだけど、すこし複雑な気持ちになります。
僕らもまだまだ目指すものがあるし、今も強い憧れを持って音楽と向き合っているから。

だから、さっき話したような後輩ミュージシャンがこのアルバムを聴いたら、
音楽をやめたくなるような、また、もう僕らを目標にするなんて思わないくらい圧倒的な音にしたいと、
熱い気持ちでアルバム制作に向かいました。
で、その通りの音になっていると思います。

是非聞いてください‼

 

桜井和寿

画像引用 : TOY’S FACTORY


普通、今回のアルバムのテーマは~とか、メッセージは~とかですよね?
なのに、
若手に見せつけてやるためのアルバムです!!
なのである。
しかも「目標にするってことは、いつか踏み台にして乗り越えてく存在だと思ってるんだろ?え?」って若干キレてますよね?桜井さん?笑
どんだけ負けず嫌いチルドレンやねん、と思ったのは私だけではないはず。笑

(実際に「皮膚呼吸」の歌詞で
「冗談だろう!? もう試さないでよ
自分探しに夢中でいられるような 子供じゃない」
と言っているけど、子供なんだよね、子供でいたいんだよね、いつまでも)

でもね、不思議なのはここから。
普通ベテランが自分の力を見せつけるなら、経験の長さを味方につけて、
こんなテクも、こんな装飾も、俺たちにはできるんだぜ!って超絶武装して出て行きそうでしょ。


それがさ。

凝ったところが少ない、つまり
「心は裸になりたがる」の曲名通り、裸一張羅で後輩たちにドヤったのです。
でもそれが全く弱々しくないの。

裸一張羅が四人、がっしり一体になって突進してくるのよね。

重い。
これは重いよ。この重さが音にありありと出ている。
まるで自分たちが、まだ君たちと同じデビューしたての若手だとしても、
(つまり同じスタート地点に立ったとしても)
圧倒的な才能を持った、本物のバンドはうちらだぜ!と言わんばかりの自信。

「皮膚呼吸」するように、ミスターチルドレンはずっとずっと、自分を試し続けてきた。
まだまだ「未完」だって、いつだって立ち止まっちゃいなかった。
だから、この自分たちに追いつけるはずない。
どうですか、目の前に四人が立ちはだかってきたでしょ!(どーん!笑)

 

特徴③苦しみのどん底にはいない


インタビューで、最近の子(自分の子供たち)は、自分たち昭和の人間のようにドラマチックには生きていない、だから歌の中で希望と絶望が行ったり来たりするのは時代錯誤のような気がする、と語っていました。
その言葉通り、別れの悲しみを歌う歌であっても、結局は必要な苦痛であると悟る。
血が流れるような痛みも、過去の思い出として胸に温かくしまっておける。
苦しくて、どうしていいかわからない、壊れそう、でも這い上がる、みたいな緩急がほぼありません。

あくまでも大人で冷静な位置からの曲ばかりなのです。

 

私個人としては、正直なところ、ミスターチルドレン=緩急の申し子!
CDとライブバージョンが違うのこそミスチル。音程がズレるのがむしろ好き。

人間らしくて、不器用で弱い部分をさらけ出して、どん底を乗り越えていく姿が好き。

だから、え!これがミスチル!?という驚きも正直隠せませんでした。

 

・長年のファンは、この方向性をどう見るか


でもアルバムを何周か聴いているうちに、想像もしなかったベクトルに向かって、好きが加速しはじめたのです。
適度なドSに、心打たれた。

そもそもマンネリなど考えられないほどミスチルのことは好きだけど、さらにさらに好きになった。

それは四人の挑戦への覚悟と心意気のようなものを、思いっきり感じたから。


だからあえて断言したい。

「重力と呼吸」は長年ミスチルを愛してきた人ほど、いとおしく感じるアルバムだ

と。


・だがしかし(余談)

 

ただ一方で言えるのは、結局きっと私たちチルオタは「皮膚呼吸」のような

「ひとりの人間」が見える曲が、どうしても好きかなのでは、ということ…

 

実際のところこの方向性、賛成なのか反対なのか気になるところではあります。

 

以上!


次回は全曲レビューします!
(音重視のアルバムだけど、いい歌詞もたんまりある!)

 

医学部大量留年の真実ーーこれ以上、医学生を責めるな

f:id:medily:20181122153752j:plain

ツイッターでもお伝えしたが、私の通う大学の昨年の留年率が、全国◯位だったらしい。(順位の明言は避けるが、悲惨。)

 

 

自分で言うのもなんですが、受験偏差値はかなり高い大学なのに、これです。

ブログを読んで貰えばわかるけど、昨年は本当に人権がなかった。 

※社会人より大変だという話はここへ⬇️

www.medily.tokyo

 
ということで、今後は緩くしようという動きが大学側にあるらしい。

今更かよ。

 

ある講義で、改善に向けて意見が欲しいと言われ、挙手性のアンケートなどをされた。
私たちにとっては昨年の経験はかなりキツイものだったので、そのことを実名の挙手性で聞くなんて、正直おかしいと思った。しかも何問も。
ちょっと聞いてみるか、程度で聞いたことを、教授会などで事実のように話すのでしょう?ね?

 

話はだんだんそれて行き、他の大学では上級生が下級生に指導したりしているらしい、君たちはやらないのか、などとさり気なくディスられ、私たちは一気に意見する気を失っていった。
君たちは意見がない、後輩たちを助けたいと思わないの?などなど。

 

私の頭の中は「はてなマーク」でいっぱい。

なぜ私たちのせいにされてるの??
むしろ私たち、その難関の進級を乗り越えた頑張り屋ばかりなんですが??
先輩に教わらないから、後輩が留年するとでも?

そんなこと言うなら指導する時間をくれ。今の時間割では無理ですよ?

 

「でも出席とならいと君たち勉強しないでしょ?」と追い討ち。

ある生徒が、
「テストがあれば勉強します。先生たちの時代は、出席もなく、それで問題なく医者になれてるんですよね?」と反論。


そうです。医学部の先生方。
優秀な医学部の学生は、言われなくても勉強しますよ?
某有名私立K大学医学部では出席を取らない。K大学は全国トップ偏差値の医学部です。
自分でいうのもあれだけど、うちは底辺私立医学部みたいな、レジュメやら過去問やら大学が用意してあげないと勉強しないような、世話がやけるぼっちゃん嬢ちゃんばかりじゃないです←(気分を害す人がいたらごめんなさい)

 

それにこの強要されてる勉強が、将来どれほど役に立ちますか?解剖や組織など、出席必須の方が良いものがあるのも事実です。けれど、基礎医学の講義を1000時間もやる必要ありますか?

そもそも言われないと勉強しない人が、社会に出て何ができる?
そんな機械みたいな人生、なにが楽しい?
勉強漬けの医者になるのが大正解ですか?
大学はテストだけしっかりやってください。講義に出た方が点数取れるようなテストにすればいいのでは。それで基準に満たさない場合は落とせばいい。それは自己責任だから。
医学部は高校じゃない。

 

出席をあれだけ強要しといて、これほどに留年させてしまう自分たちのカリキュラムの方を反省してください。講義内容の方を反省してください。教授の気分で落とされたような人もいることを知ってください。本当に不真面目で勉強しない人だけを落としてください。
特に基礎医学。臨床は講義も面白い。臨床の先生の方が、日々患者さんと会話して、学会でも発表して、講義も上手ですよ。だから研究者志望が減るのでは?

 

大学生らしい楽しみを押し殺し、長期休暇もテスト勉強、常に単位を気にして生きていく生活。
未だに試験に落ちる夢を見て目覚める人だっている。
出席を取らず、今より覚える量も少なかったあなたたちの世代より、何倍も勉強しています。

 

医学生ばかりを責めないで。

再受験生は学園祭に参加せよ!〜医学部学園祭の光と影〜

医学部の学園祭は、全員強制参加、である。(違うとこあったら教えて)

今年はどの部門に入りますか、と当たり前に聞かれ、「参加しない」という選択肢がない。

 

いや、高校か。

医学部に対してこのツッコミ入れたの、何回目?w

 

f:id:medily:20181120121920p:image

まあそこまでしないと人手が足りないのです。医学部って、医学科だけだと各学年80-100人程度なので。

前いた大学はマンモス校だったので、学園祭の準備日と当日は休みや!って人もいたものです。むしろ学園祭実行委員会に入って学園祭に全力コミット勢は、青春を求めて入る感じ。そして最後大泣きするくらい青春してた⚡️

 

医学部の学園祭はこれと逆で、主体的な人が少ない。他学部みたいに、テストが期末の時期にまとめてあるわけでもないので、ゴリゴリテスト中の学年もある。

青春だぜー!あけぽよー!みたいな感じというより、仕事しなくては、みたいな。

だから、 やりたい!というより、仕方なくの雰囲気が強い。

 

これが最初とても違和感。

なんども書いたけど、大学に入ってからは誰かに強制的されて渋々何かをやるのではなく、とりたい講義をとり、やりたい学外活動をし、その決定の責任は自分が持つ。

そんな大人の第一歩めの場所が大学でしょ?と。

大学生にもなって、講義の出席も学園祭も強制だなんて!😨

 

・・と思ってたんですが。。

 

が。

 

狭いコミュニティでの学園祭も、それはそれで良さがあるな、と。

まあ結局のところ、高校生的な良さなんですが。

 

医学部は、留年でもしない限り、基本的に6年間同じメンバー。大学ですれ違う他学年の人も、話したことはなくても顔見知りばかりになる。

そんな見たことあるだけだった人とも、学園祭を通して仲良くなれる。

そして、なんとなく医学部全体の一体感が生まれるのです。

何より同級生の仲も深まり、今後の講義・実習・テストが楽しく、スムーズなものになる。

 

なのでね、再受験生だからといって部活に入ってない人もいるとは思うけど、

 

学園祭だけは参加しとけ!!

 

と全国の再受験医学生各位に伝えたいと思います。笑

 

同級生の普段と違う顔も見れるし、気分がとっても若返るよ

同世代の友人も連れて行ったら、忘れてたものを思い出したって言ってました。笑

二度目の青春は楽しんだもの勝ちですな◎

 

終わり〜😄

医学生、講義中に倒れる事件

先日、講義中に教室で生徒が倒れるという事件がありました。

 

医学部の講義なので、もちろん先生はほぼ全員医師。

私はその倒れた友人にできることはしたのですが、それと同時に

こういう時、プロである医師はどう対応するのだろう

と、興味を持って観察もしていました。

 

f:id:medily:20181119132111p:image

 

ここで、先生の対応ばっちり!かっこよかった!となればいいお話なのですが、正直、

そ、そんな感じ?、という対応で。

 

特に状態を把握したり、詳細な質問を投げかけるでもなく(朝ごはん食べた?とか、気分悪くない?とか、周りの同級生にこの子の最近の状況を聞くとか。)、

とりあえず寝かせた方がいいからといって寝かせ、

保健室に電話して、と補助の先生(医師)に指示をして、保健室に車椅子で搬送させて、終了。

動作もどことなく落ち着きがなく、終始あたふたした雰囲気。

 

この対応だけでも、医療関係でない人からしたら、十分すごい?のかもしれないですが、

私はコードブルー的な的確な問診!処置!指示!

私がいるから大丈夫、安心しなさい!✨

みたいなのを期待したので、すこしガッカリしました。。

 

その先生は、外科系の先生で、おそらくですが手術を行うのがメインの仕事。

なので、患者さんの問診というのを十分にはやっていないから、イマイチな対応だったのでは、と。

 

結局原因はただの疲労とのこと、だったのですが。後からその場を見ていた同級生と話すと、その子が倒れた原因と推測されることや、それを解明するための方法がちゃんと浮かんでいるんですよね。

そこで思ったのが、(失礼を承知で申し上げますが!🙏)

 

もしや様々な科の講義を横断的に受けている今の私たちは、先生方より幅広く詳しいのでは!?

 

意外と今が最高潮なんじゃね…!?

 

ということ。

 

実際先生方も、本気ではないと思うけど、専門を決めたら他の科のことはさっぱり忘れてしまう、君たちの方が詳しいこともたくさんあるよ、とよくおっしゃっている。

毎日専門家の先生方の知識と経験を湯水のように享受できる今の環境は、本当にありがたく、素晴らしい。

 

月日を重ね、経験を重ね、勉強を重ねるほど、多くのことに気づけると思っていたけど、今感じていることは、きっと研修医になり、専門を決める頃には、意外と見えないことなのかもしれない。

そう思うと、きちんとここ記しておこうと思ったのでした。

 

(まあ先生もこれは大したことないだろうと思って、大袈裟な対応をしなかっただけかもしれないので、そこも含めて私はまだまだ勉強不足であります🙏)

 

おわり〜🌸

広告医学×チームラボ!?

前回、広告医学、にピンときた、という話をしました。

 

これまでは減塩POPを病院の食堂に置いたり、

エスカレーターではなく階段を使ってもらうために、階段にトリックアートを施したり、

横浜市主催で市民講座を開いたり、

太ったら色が変わるパンツを開発したり、

などの活動をしているようです。

最近では病棟にマスクや白衣を展示していたみたい。

(詳細は公式HPへ→http://y-cdc.org/portfolios/

 

うーん、これは健康意識がもともと高い人にしか届いていないのでは?

というのが第一印象。

あと、せっかくパンツや白衣やマスクを開発しても、商品化していない様子。

規模もどうしても小さい感じ。

 

個人的には、

もっと普段医学に全く興味のない人に、大きく派手に楽しく訴求したい。

予防医学においては、

医学=固い、難しい

というイメージを変えるようなことをしていく必要があると思うのです。

 

 

では、広告医学って具体的に何をしてるの?

自分なら何をするの?ということで、思ったことを書いてみようと思います。

 

🌸広告医学で伝えたいこと

 

・ピロリ菌検査(尿検査で15分くらいで結果出る!)

・子宮頸がんワクチンの普及

・淋病・クラミジアの検査

 

など。

講義を聞いていて、簡単にできる予防医学の代表格だと感じたトップ3!

 

🌸伝える方法

(完全に自由な思いつき)

 

・チームラボとコラボ→人間の体の中のプロジェクションマッピングとか。笑

f:id:medily:20181115141055j:image

※ 画像は、https://asm.asahi.com/article/11621251 より

 

・東京ガールズコレクションとコラボ→女性たちに子宮頸がんワクチンは、副作用より得られる効果の方が大きいことを伝えたい

 

・音楽フェスで演奏の合間にピロリ菌検査🎸

 

・AD -MEDフェスの開催⭐️

 

ちょっと夢見過ぎですかね。

要するに、医学に興味のない人が集まる場所、楽しみたくてきているような場所にしかけを作りたいな。

特に、お台場で開催されているチームラボの企画(https://borderless.teamlab.art/jp/)は、同級生・前大学の友人含め、様々な世代のいろんな立場の人が足を運んでいる印象で、ピロリ菌や子宮頸がんワクチンことを伝えたいのはこの人たちだな、と思うのです。

 

他にも、医学ネタでお笑いをやるとか、(しゅんしゅんクリニックP!?笑)

プロ野球場で検査とか、ブルーバックスオンラインで特集とか、

考えだすと止まらないのだけど😂

 

面白く楽しく、予防医学を伝えたいです。

 

おわり〜🎵

広告医学に、ピンときた。

以前予防医学について書きましたが、病気を予防するには病院に来ない人に物事を伝えないといけない、ですよね。

だって今の時点ではその人、健康なんだもん。病院来ないもん。

 

そうすると、コミュニケーションデザインが大事になってくる。これは私のマスコミでの社会人経験が活きるのでは、と思っていたのです。

前から話しているように、私の人生テーマは

医学×文系、を実現することだから。

医学×コミュニケーション。これだ、と。このブログもその1つのつもりです。

 

そんな矢先、「広告医学」なる分野があることを知りました。

広告医学とは・・

『広告医学』(AD-MED)とは?
従来の医学研究における中心的な考え方は、病気や症状への対処法の確立を目指すことです。一方、医療や健康に関する情報を扱う主体が一般の人々に急速に移りつつあるいま、病気に至る以前の方々、いわば、生活者にコミュニケーションを図る最適な手法を研究する活動の重要性が明らかに増しています。これらを実現するための新たな知の体系として、『広告医学』(AD-MED)が立案されました。

『広告医学』(AD-MED)とは、武部准教授が本学医学部在学中に世界で初めて考案した概念で、平たくいえば広告の持つクリエーティビティーを活用した「コミュニケーション」を行うことで、生活者の目線からさまざまな医療問題の解決を目指す体系のことを示しています。

https://www.yokohama-cu.ac.jp/news/admed.html とは

 

この分野を、なんと医学生のうちに発想し、プレゼンの末、電通と博報堂の共同企画として採用された人、それが武部貴則先生という人でした。

実際の成果物はこんな感じ⬇︎

 

f:id:medily:20181115103847j:image

※画像は、

https://www.yokohama-cu.ac.jp/amedrc/news/d0md7n0000004e7z-att/pressrelease_CDCstart_20181003.pdf

より

 

さらに驚くべきことに、彼は再生医学という分野で、ノーベル賞級の研究をしている。再生医学については話し出すと長いので割愛しますが、基礎研究という大きな柱を自分で持ち、結果も出している。しかも、5年単位で臨床応用されて、人の命を実際に救っている。これは基礎研究の分野では稀有中の稀有。

それなのになぜ!「広告医学」にまで手を出すんだ!本業に全力投球しなくていいのか!?

と気になり、調べていると見つけたのがこのインタビュー⬇︎

広告と再生。医学の袋小路を突破する、逆張りの革命──武部貴則|WIRED.jp

 

以下に一部引用。

 

医学の徒として学生時代に最初に教わることは、この病気はこうした診断に従って治療しましょう、それ以外はやってはダメです、という鉄則だったんですね。なぜなら、メカニズムがまだ判明しておらず、いまもって基礎研究が進行中であるからだ、と。それならば、『できないこと』をできるようにするため、亡くなってしまうかもしれない人を助けるためと思い、基礎研究のほうにエフォートを割くようになりました。

 

そんな人が、自分に満足しすぎず、

 

この基礎研究が臨床の現場に応用されるのは、ひょっとしたら100年後なんじゃないか……実学として役に立たないのでは、という不満を抱え

 

て広告医学を始めた、という流れらしい。

こういう自問自答をやめずに、実際に行動できるすごさよ。

 

医学をもっと砕けた、面白い方法で伝えたい。

このブログもそうですが、私の中にはそんな気持ちがありそうです。

広告医学か。私ももっと形にしていかないと。

 

おわり〜🙆‍♀️

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ にほんブログ村 受験ブログ 大学再受験(本人・親)へ