にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ にほんブログ村 受験ブログ 大学再受験(本人・親)へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽評論へ

⑥「仕方なく」医者をやるということ

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ にほんブログ村 受験ブログ 大学再受験(本人・親)へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽評論へ

f:id:medily:20180530135941j:plain


今日は、とあるクリニックの先生にご講義頂いた話。

お話の概要はこちらにあった🙆‍♀️→https://www.bestcaretokyo.jp/interview03.html


🍀「副腎」はどこにある?


先生は、経済的事情で『仕方なく』自治医大に行き、卒業後は義務なので『仕方なく』僻地医療に携わったと言います。

また先生の師匠は、研究材料が「副腎」しかない、という状況に置かれたため、『仕方なく』研究していたら、新たな酵素を発見したそうです。

 

これらのエピソードから先生は、

自分のやりたいことではないが、無意味と思わないで目の前のことに取り組んでいたら、意外な道が開けることがある。

=「副腎」を大事にせよ💡

 

と説きます。

渡辺和子さんの『置かれた場所で咲きなさい』に近いかもしれません🌻

 


🍀目標を持ってやりたいことをやるのが良い、は本当か?

 

個人的な意見としては、

この行動に(この仕事に)意味はあるのか、という疑問を持ちながら『仕方なく』生きるのは、勿体ないよな~と思ってきた“目的肯定派”

です。

「運命」みたいなものも、あまり信じないかも。。

 

 心の中に目的や意志が湧いてきたら、その方向に向かって行動して、現状(運命)を変えていくのが良いし、努力すればある程度それは叶うんじゃないかな、

という考え方です。

(ただ最終的には運だし、その運をなるたけ逃さないように出来ることはする、というイメージ・・)

 

目的があるからこそ、見知らぬパワーが湧いて、出来なかったことが出来るようになることもあるかな、って。

 


けれど先生はこう続けます。


“やりたいことをやってうまく行くのは運が良い人だけ。

自分がやりたく無いことをやった方が、むしろうまくいく。”

 


先生は、『仕方なく』22時まで診療を行い、24時間電話対応もしているそう。(すごい)

自分がやりたく無いことは、誰かのニーズになっている可能性が高い。

だから、人の求めに応じて動いていればうまくいく。

とのことでした。

 


なかなか議論しがいのある話💡


ですよね。

私はやりたいことが多く、“目的肯定派”が行き過ぎて、欲しいものは努力しないと手に入らない・・⚡️という考えにもなりがち・・

それも少し窮屈だよなーと思ったりもします。

 

「やりたいことは特にないんだよね」と言いながら、とても優秀で、役に立つことをしている人もたくさん知っています。

やりたいことが強くないからこそ、周りのニーズの柔軟に合わせられて、出来ることも増えるのかも、と思った日でした🌸


【おわり~😊】

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ にほんブログ村 受験ブログ 大学再受験(本人・親)へ