にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ にほんブログ村 受験ブログ 大学再受験(本人・親)へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽評論へ

こんな生活を続けたい(文理両道)

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ にほんブログ村 受験ブログ 大学再受験(本人・親)へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽評論へ

f:id:medily:20180530123023j:plain

最近授業が平気で15時台に終わったりする。
臨床系の授業は何を聞いても高確率で面白いし、
15時に終わると思うと集中して聞ける。
実習もあったりなかったりで、日によってはずっと講義なのでパソコン片手に自由に文章も書ける。

なんだこれは…楽園か?

好きな勉強ができて、プライベートの時間にも余裕がある。

帰って勉強に追われすぎることもなく、映画をゆったり見ることもできる。

これにお給料が発生すれば文句なしや♪

 
・・というのはわりと冗談で、学費は安いし、やっぱり勉強って確実に積み重なっていくので、1年1年有意義に使えた気分になれるのは良い。

これは本当にプライスレス

このブログを始めた当初からテーマにしている
理系と文系の中庸をいきたい
という思いを実現したような生活ができています。

 

・しかしこの生活は永遠ではない

ただ、問題はこの生活が毎年続くわけではないということ…
5,6年生は、毎日8時集合19時すぎ解散もザラのようだし😭

研修医ともなればこき使われ、人権を奪われ、1日働いてそのまま当直に突入し、そのまま翌日も帰れないなんて日常茶飯事・・😭

 

あぁこわいよお・・😭

 

・医学の無限性と経験値


しかしですね・・最近気づいたんですが・・

 
勉強すればするほど医学って無限。

 
一生勉強することあるやんwと、冷や汗が出ます。

まぁでも思い返せば、社会人の時は先輩たちを見ているとすっかり先が見えた気がして、「このままだとこの先そんなに成長ないのでは」とか生意気にも思った瞬間もあったのですが、医学の世界ではそれは到底ない気がしてくる。

 
経験するほど積み重なる知識(知識の更新は必要だけれど)。

実践するほど上がっていく技術

日に日に培われゆく判断力

それらがものをいう世界。

 
若者の新しくて突拍子もないアイデア!すごい!

みたいなこともたまにはあるかもしれないけれど、本当にたまにの世界だと思う。

それくらい、お医者さんはなんだかんだ時間をかけて積み重ねてきている方ほど、凄腕で信頼されているように思います。

 

・女性は全力投球しにくい

そうなると問題が一つ。

私たち女性は男性と違って、結婚して子供を持つと、どこかで「休業」的なものを余儀なくされる可能性がある。

子供はいなかったとしても、家事全般は女性の役割にされがちで、自分のことだけに時間を使えなくなる。

男性は「家族のため」といって外で働いても文句を言われないのに、女性が働いていると「家族をほっといている」などと言われる。

これが嫌で結婚しなくても、「まだ結婚しないの?」と冷やかされる。

 
そして、この「休業」によって経験や技術を後退させてしまう女性も多い。

実際、医学部在籍中に子供を産んだ再受験の先輩は、入学時は首席だったのに、勉強時間が取れなくなり追試にかかり、留年せざるをえなくなったし、妊娠の可能性があるからというだけで就職を断られた例も聞く。

女性はどうすれば、家族に、社会に受け入れられながら全力投球できるのだろう。

 

※そんなことを書いていたら、ドンピシャな四コマに出会った。

mitsuha.blog

・「けれど」を繰り返すわたし

家庭も大事にしたい、けれど医者としても頑張っていきたい、けれど当直続きはしんどい、けれど・・

 

・「今のような生活を続けたい」と願いながらも、「けれど」を繰り返している私は、先輩方のような立派な医師になる資格はないのだろうか。

・それも悔しいから、今のような生活を手放してでも、頑張りたいよな。

この二つを行き来しているように思います。

 

まぁでも結局は後者なのかな。体力が続く限りは。

女性でも、頑張ってみたい。

より多くの患者さんの役に立ちたい。

 

ただ何事も時間をひたすらかければよい、というわけではないとも思ってもいるのです。

 ・理想的な働き方とは

 
ここからは少し夢を語ろうかと思うのですが。

今思う理想の働き方は!

 

平日は17時まで仕事(はやい?w)

平日のうち1日は文系の仕事(自由だなおい)

土日はもちろん休んで、文系趣味三昧。たまに学会とかちゃんと研鑽も積む。

 

これで!どうでしょうか。

いやーこれがいい、理想。

17時までは集中して患者さんのために尽くします、もちろん。

短期集中はかなり大事だと思うし、休みがあるから頑張れる面は人間だからある。

そして文系の面も、必ず医療に役立つとわたしは信じています。

 

しかしまあ今の時代だと実現可能性は低そうですが・・

いつか「こんな元文系女医もあり」という存在になれたらな~

と夢に抱いてはおこうと思います💐

 
【おわり〜😊】

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ にほんブログ村 受験ブログ 大学再受験(本人・親)へ