文系からの社会人からの再受験女子医学生の日記🏥

文系学部卒→マスコミ勤務→医学生

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ にほんブログ村 受験ブログ 大学再受験(本人・親)へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽評論へ

予防医学〜苦しむ前に食い止めたい〜

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ にほんブログ村 受験ブログ 大学再受験(本人・親)へ にほんブログ村 音楽ブログ 音楽評論へ

医学部生活を通して、様々な科の専門の先生方の講義や実習を受けてきました。

特に臨床系の講義は、身近な話題も多く、有用な情報があると家族にすぐ共有したりしていました。

なんだか講義が面白くて仕方ないなあ。特に面白いと感じているのは一体なんだろう?

考える中で、ひとつ気づいたことがあります。

それは、

 

病気を治すことよりも、防ぐことに興味があるのではないか

 

ということ。

f:id:medily:20181115101414j:image

私は元文系で、ダラダラ議論するのも好きですが、性格的には合理的というか打算的というか、無駄なことはしたくないタイプです。

なので、知らなかった・気づかなかった、という理由で病気になるのは、すごく非効率に思えて、嫌。

 

だから、防げるものは防いだ方が、苦しい思いをしないし、人生計画も左右されないし、病院に行く手間も時間もお金も省けるし、いいことばかりじゃないか、と。

 

もちろん病気に苦しんでる人の原因を突き止めたり、わたし失敗しないので!と手術を成功させたりすることも、もちろん不可欠です。

けれど社会というのは役割分担、適材適所。

私が大海原のような医学の世界で、どの領域の一端を担いたいかと考えた時、それは

予防医学

なのではないかと、そんなことを思い、ここに書き留めておきます。

 

おわり〜😚

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ にほんブログ村 受験ブログ 大学再受験(本人・親)へ